2022.12.26 赤坂晃ライブ

Entertainment

2022年2月のBirthdayLive振替公演以来、久しぶりに赤坂晃単独ライブに参加しました。8月19日と12月24日に諸星和己さんとの光GENJI35周年Anniversary Live を観に行ったのですが単独ライブは久しぶりです。

事前に場所を確認すると、会場がいつもよりシックでジャズ生演奏を聴くための空間でした。

夜の2部の方が雰囲気が合うけど、子供が塾から帰ってくる時間には家にいないとなあ

ということで1部に参加です。

ステージから程よい距離のある席で、ゆったり聴くことができました。仕事と子育てなど忘れて贅沢なひととき!子供は小さくはないのですが、学校でトラブルに巻き込まれてちょっと大変だったので😣😣

晃くんは上品な衣装で登場です。

今回、私にとっては「ココロニ棲む」と「メロディー」(カバー曲)が心に残る歌唱でとってもよかったです。

ココロニ棲む

最初に聴いたときも涙が溢れたのですが、今回はよりボーカルに気持ちが入っていて涙を止めることが出来なかった。母子愛、とくに男の子と母親の関係性に私は弱い、弱すぎるのです。

晃くんが若い時の雑誌の記事を思い出しても、お母さんとの話がよく出てきていたし今現在もお母様をとても大切にしていることは分かります。

そして、私自身が高齢出産で私に持病があるので、子供が何歳まで私は生きているか心のどこかでいつも気にしているのです。

晃くんとお母様のこと、自分と息子のことなどの思いが、歌によって一気に溢れて嗚咽しそうなくらい感情が込み上げてしまい、もはや自分自身ではコントロール不能でした。

歌唱後、歌の説明がありました。私は感情が高ぶりすぎて詳細は聞き取れていませんが、お母様のことを想って感情移入して歌ったと話してくれました。

とてもいい曲だと思います、生演奏はやはりいいし晃くんの歌唱できくとますます心に響きます。

メロディー

この曲は玉置浩二さんの曲の中で私は最も好きです。

歌詞もメロディもとてもいいのです。解釈によって思い浮かぶ情景が違ってくる!

私の解釈だと、玉置さんで聴くと、キミは安全地帯ですが、晃くんが歌うとやっぱりキミは光GENJIのあっくん(佐藤アツヒロさん)です。

この曲は感情が高ぶるというより、涙が自然に一筋流れる感じで「あれ、私泣いてる」となってしまう曲です。

もちろんこの2曲以外も、演奏、歌唱ともに素晴らしかったです。アレンジも最高でした。

また、大人っぽいライブの開催をお願いしたいです。

ありがとうございました。

2022/12/24のライブに参加しました

光GENJI 35 Anniversary 記念 Kazumi Morohoshi・Akira Akasaka ​​​​​​​HIKARU 現実(光GENJI Ⅱ)〜イヴの夜のハーモニー〜

タイトルとURLをコピーしました