光GENJI 35 Anniversary 記念 Kazumi Morohoshi・Akira Akasaka ​​​​​​​HIKARU 現実(光GENJI Ⅱ)〜イヴの夜のハーモニー〜

Breaktime

2022年12月24日、光GENJI 35 Anniversary 記念 Kazumi Morohoshi・Akira Akasaka ​​​​​​​HIKARU 現実(光GENJI Ⅱ)〜イヴの夜のハーモニー〜に参加しました。

8月19日に開催された35周年記念〜夏の途中のハーモニー〜がとても良かったのですが、今回は夏よりもパワフルで客席(厳密には晃くんファン)も要領を得たので最初から総立ちで盛り上がりっぱなしでした。

トークも歌も息が合っていて、観ているだけで楽しくて笑ってしまう場面も多くあっという間の2時間でした。諸星和己さんと赤坂晃さんで話し合って構成や曲などを決めていったと思います。改めてエンターテイナーって素晴らしい、光GENJIファンを楽しませることに関してはプロ中のプロなんだと思ってます。

光GENJIを最初にテレビで観たのは、夜のヒットスタジオという番組でした。光GENJIの7人はローラースケートを履いて転びながらも一生懸命踊って、CHAGE and ASKAの曲スターライトもすごく良かったし、当時の私たち女子中高生に強烈な印象を与えてデビューからすぐに爆発的な人気を博しています。

ピンクレディーも凄かった、今考えるとピンクレディーに並ぶ社会現象を引き起こすほどの人気だったのだと思います。ピンクレディーは「自分自身は台風の目にいるので周りがどうなっているのか当時は分からなかった」とインタビューに答えていました。

光GENJIについては、ファンである私も台風の目の近くにいて、どのくらい凄かったかは私も当時は分かっていないのですが。

夏8/19のライブの時も歌が上手くなっていると思いましたが、もっと上手くなっていて感激しました。そしてさらに今回ハーモニーが綺麗でした。

全体を通してフェスティバルの要素が多くとても楽しめる内容で、また行きたくなるようなライブでした。

ますますチケットが取れなくなる!

また行きたいです。

タイトルとURLをコピーしました